前へ
次へ

昔は高度経済成長時期の雇用の形がある

日本経済の雇用状況というのは、高度経済成長期から安定期に入るまでに大きく求人などが変わってきました。
経済規模というのは当時で2倍の成長を遂げることになり、新卒一括採用や年功序列、終身雇用システムが機能していた始まりとも言えます。
この時期の日本は実力があれば出世もできますし、失敗すると解雇もされる可能性がある実力主義社会でした。
そして経済成長することによって需要が急激に加速し、企業は労働力の安定化を確保するようになってきた時代でもあります。
これは現在でいう団塊の世代が社会に出て労働力をふんだんに使い、企業と一蓮托生で行ってきた旧時代のやり方になります。
求人などの雇用促進というのは、とても勧められていてその流れに応じて解雇規制を強めることにもなった時代です。
長期労働や転勤という独特の労働の形になったのは、終身雇用制度があったからだとも言われています。
人手が足りない時期や場所があれば、それに応じて求人を募集するというのもこの時代から始まったものです。

Page Top